中級楽校第6回実技「藤坂ロックガーデン」

   
第6回実技 (記録 野木山想会:水庭幸子)
場所藤坂ロックガーデン
日時2012年9月29日(土)  9:00〜15:00
講師・スタッフ ・主任講師:猪鼻春男、講師:吉岡昌徳 ・講師助手:猪鼻良子、窪田すみ子
受講生 出席:12名、欠席:4名
細谷良雄、池野元司、山口達也、船橋圀博、原田安子、高木京子、秋山勝夫、 石橋渉、小野口実、秋山一隆、水庭幸子、吉金直子 

<実施内容>  
*写真をクリックすると大きくなります。
<今日の訓練内容>
◆猪鼻CLによる実力チェック
・前回、クラックアラカルトV級核心部を登れた人(9日と12日の自主で登れた人を含む)を対象に 猪鼻CLのビレイ(で実力チェックを行う。
・クラックアラカルト核心部を、ノーテンションで登れるか?
・今回はロープにテンションを全くかけないで登る難しさ&怖さを改めて感じた講習でした。

  ◆リード訓練
・アイゼンロック下部にてリード訓練を行う。(指導:猪鼻CL)
・片手でロープをヌンチャクに確実にかける方法、ATCの掛け外しの際、絶対落とさない方法など、 今まで何気なくやっていて落とさなかったのは、単にラッキーだっただけで、現場で道具類を落としたら 大変な事になると言う事もしっかり教わった。

  ◆セカンドビレイ、懸垂下降の訓練
・リトミックダンスにてセカンドビレイ、懸垂下降の訓練を行う。(指導:猪鼻CL)


◆支点構築とセカンドビレイ、懸垂下降の訓練
・ポパイハンガー下部の岩棚にて支点構築、セカンドビレイ、懸垂下降の訓練(指導:吉岡SL)
・お互いの確認作業の重要さ、思い込みの怖さ、すべて即命にかかわる事なので、クライミングの最中は 決して集中力を切らす事なく行う事を改めて認識する。

 藤坂RGの岩はゴツゴツと尖っていて、気が付くとあちこち切れていたりあざが出来ていたり、クライミング は登山では使わない全身の筋肉力やバランス感覚が必要で、だからこそ独特の喜びや達成感があるのかな、 と思った。

  <藤坂ロックガーデンでのロープワーク訓練>

クッラクアラカルトでの
支点構築訓練

リトミックダンスでの
懸垂下降準備中

上から見るリード訓練
 

ポパイハンガー下部の岩棚にて
支点構築訓練

ポパイハンガー下部の岩棚にて
支点構築中

ポパイハンガー下部の岩棚から懸垂下降中

ポパイハンガー下部の岩棚にて
支点構築中

ポパイハンガー下部の岩棚にて
セカンドビレイ準備中

TOP   戻る

1