直線上に配置

古賀志不動滝「登攀入門」講習会

日 時 2007.2.25(日)  7:00〜15:00
集合場所 クラブ事務所 7時00分 天 候
概 要  
無雪期の尾根歩きが、より安全になることを目的に、普段の山行では体験できない岩登をすることで、 バランス感覚を養ったり、滑落を体験してみたりします。
 
参加者 Y木沢(CL) A沢(SL)  他12名  合計14名  


<講習のねらい>
 「岩場の歩き方講習会」を受講済みの方を対象にした「登攀入門」講習です。
「ザイルを使うような危険な山には行かないわ・・・」 「岩登りなんて危険だから・・・」 と思っておられる方は多いと思います。しかしながら、里山でも岩場があり、今までもハラハラ しながら通過した経験が少なからずあるはずです。また万一、道に迷って岩場に遭遇してしまった 時など、危険を回避するために必要な技術を体験することは、安全確保に大変役に立つと思います。

 <講習の内容>
垂直に近い斜度の岩壁を、経験者にロープでしっかり確保されながら、僅かな手がかり、足がかり
を頼りに3点確保で15m程登攀し下降します。普段体験できないバランス感覚を養うことができます。
時には滑って落ちることもありますが、しっかり確保しているので、安心して滑落する感じを体験して
下さい。経験者がサポートやアドバイスをします。
詳細は、A井さんの感想文で。
    感想文 「登攀入門講習に参加して・・・」

 なお、今回の講習は、あくまでも岩登りを体験することだけです。
確保の方法やロープの結び方、カラビナ、シュリンゲの使い方など具体的な技術・知識について興味の ある方は、県連主催のハイキング楽校にて学ぶことができます。

 ○講習会参加の服装
   ・吸湿・速乾性の長袖、長ズボンと普通の登山靴
 ○装備(会の装備をお貸しします)
   ・ハーネス、ヘルメット、カラビナ、シュリンゲ
 


   
 
*写真をクリックすると大きくなります。

ロープで確保されながらの登攀

*クリックすると大きくなる

登攀訓練の様子(1)



登攀訓練の様子(2)



登攀訓練の様子(3)


登攀訓練の様子(4)


登攀訓練の様子(5)


食事後の休憩
メール アイコン戻る


直線上に配置